保湿化粧水はコットンではなくて両手で優しく肌にのせるようにつけましょう

保湿化粧水をつける時に、コットンにたっぷりとしみ込ませそれを肌にのせるなんていうやり方をしている方も少なくないはずです。しかしながら実はこの保湿化粧水の付け方というのはオススメできません。なぜなら、コットンが肌の摩擦になりダメージを与えてしまい、さらにコットンにばかり保湿化粧水が吸収されてしまってもったいないためです。保湿化粧水を効果的につけたいと思ったら、コットンではなくて両手に保湿化粧水を広げて肌の上に置くように優しくつけていくようになさってください。そうすれば肌への刺激や負担も少なく、保湿をしっかりと行う事ができるでしょう。今まで間違った付け方をしてしまっていた方は、是非とも今日からでも見直してみてください。